2012年05月17日

子供の肥満の予防

未成年の肥満率が高まっており、予防が重視されています。
飽食の時代と言われてからは肥満の若年化が加速しています。
子供の肥満をいかに予防するかが、大きなテーマにもなっています。
肥満の原因の一つに遺伝があるといいます。
乳幼児期の肥満には遺伝が関わっていることもあり、この場合は予防が困難です。
幼児期以降の肥満は、原因として食事のしすぎや間食の取り過ぎ、運動不足などが密接に関わっていると言われています。
保護者が気をつけることで肥満を予防することもできます。
もし子供の親がかなりの肥満の場合、食生活自体がすでに肥満になりやすい状態であることが多いものです。
共に食事をすることで、どうしても子供のうちから肥満になりやすいものです。
家族全体で、日常的に食べているものや食事の習慣を確認して、肥満の予防になる適切な食事に切り替えることが欠かせません。
子供は肥満になると体を使った活動をしたくなくなることが少なくありません。
そのことがまた肥満の原因になります。
子供の肥満を予防するためには、常に体を動かしとにかく運動することに苦手意識を持たせないように気を配りましょう。
子供の肥満予防には、水泳が効果的だといいます。
最近では幼児期から習い事を始める子供の多いのですが、スイミング教室は肥満の防止にもおすすめです。

DORA麻雀 お金を賭けて勝負できるオンライン麻雀!

posted by なっちゅ at 19:27| ストレッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。