2012年03月24日

内臓脂肪をダイエットで減らして病気を防ぐ

内臓脂肪が多い人は成人病など病気の原因になる可能性があるので、ダイエットを実践して内臓脂肪を減らす努力をしましょう。
あまり太っているように見えない人でも、実際は脂肪が多く筋肉が少ないというタイプは少なくありません。
ふくよかでも太り気味にも見えなくとも、ダイエットで内臓脂肪を減らすべきという人もいます。
ダイエットを成功させるためには筋肉がある方が良いため、スポーツや運動で筋肉を鍛えることは欠かせません。
皮下脂肪の場合、仮にたまっても、見た目が太っているだけです。
内臓脂肪がたまると、血行が悪くなり、血管など障害もおこりやすいので注意が必要になります。
健康の面からみると、内臓脂肪がたまっている人ほど、積極的にダイエットを行う必要があります。
糖尿病にかかりやすい人の中には、体重だけを見れば平均的でも、内臓脂肪が多い状態にある人が含まれています。
体内の内臓脂肪が多い状態だと、肝臓や血液中の脂肪量が多くなりやすいともいいます。
ダイエットで体内に蓄積されている内臓脂肪の代謝を促進することは、腹回りに脂肪が多い人ほど健康のためにしておきたいことです。
内臓脂肪は血液によって脂肪が運び込まれたり、運び出されたりするので、比較的付きやすく落ちやすいものです。
有酸素運動を中心としたダイエットで、内臓脂肪を減らして積極的におなか周りのサイズダウンを目指しましょう。

一日5分いびき撃退法 現役歯科医・整体師が伝授 その効果は!
睡眠時無呼吸症候群を克服 これで自然な睡眠に その体験談は!
話せる!頼れる中国語教材

posted by なっちゅ at 07:18| ストレッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。