2012年03月30日

減量と体重が増えるメカニズム

何をすると減量がうまくいくかは、何をすると体重が増加するか知ることがポイントとなります。
脂肪が増えることで体重が増えますが、それは運動などで使うカロリーより多くのカロリーを食事などで取り入れたためです。
消費し切れれなかった摂取エネルギー、つまりカロリーが脂肪などとして体内に残ってしまうために体重が増えるというとても単純で明快なものです。
減量を効果的にすすめる為には、消費エネルギーが摂取エネルギーを超えるようにすれば、体重はおのずと減ることになるのです。
体内に取り入れた食事をカロリーに換算したものが、摂取カロリーとなります。
人は、生きていくために一定のカロリーを消費しています。
循環器や心肺機能を維持する生命活動に費やすエネルギーと、運動など体を使うために消費するエネルギーです。
人間の消費カロリーのうち、約7割が基礎代謝だとされています。
基礎代謝の高い体質になることが、減量には効果的です。
もしもダイエットを目的に食事量を減らしているという場合、体が少ないカロリーに順応した結果、基礎代謝の低下によって減量が進みにくくなっていることがあります。
ダイエットを続けているのに思うように減量が進まないという場合は、基礎代謝をたかめるため運動やたんぱく質の摂取を心がけましょう。
基礎代謝の向上に努めることによって、減量効果ははっきりと表れてくることでしょう。
基礎代謝の高い体になることで、普段通りの活動をしていても脂肪燃焼が促進されるようになります。

ノーストレス速読勉強法 手に取るように内容がわかる!
続木和子 子宮筋腫改善 自宅で女性特有の病を解消する方法
島田勝弘 24Days English ロコモーティブメソッド

posted by なっちゅ at 07:01| ストレッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月27日

体重と減量について

体重などの量を減らすことを減量といいます。
ボクシング選手などが規定体重になるために食事量を減らしたり運動やサウナを使うことをイメージする人が多いようです。
ボクサーの減量は非常に苦しいもので、ギリギリまで食事量を減らしたり汗をかいたりしています。
減量方法はボクサーではない私たちには、決して体に良い減量方法であると言えません。
試合の日にいいいコンディションで臨めるように、ボクサーは様々な練習をこなしています。
そもそも普段からの鍛え方が異なる以上は、多少は体を使っているとはいっても減量に持ちこたえるだけの体があるとはいいきれません。
そもそも、短い期間で一気に体重を少なくするような減量は、リバウンドのリスクを高めることがあります。
体重のダウンを目指す場合は、ある決まった瞬間にだけ減っていればいいものではなく、恒常的な体重減少を望みます。
減量後のリバウンドを防ぎたいのであれば、体重の増減が何で起きるかを知ることから始めましょう。
その上で日頃の食事や生活習慣、運動量を見直し、体に負荷をかけずに減量をするにはどうすべきかを決めてください。
久しぶりに体重を計ったら、体重が増えていたと言う事は誰しもあるものです。
なぜ体重が多くなったか思い当たる節はないけれど、以前とは違って明らかに体重が多いという人もいるようです。
体重が増えたら減量でコントロールすることも重要ですが、体重が増えないように毎日の生活を改善することも重要なことです。

失敗しない中国語教材 10日間で完全マスター!?
アキュモード式妊娠術 自宅で自分の「妊娠力」を引き出す!
ノーストレス速読勉強法 資格試験

posted by なっちゅ at 08:19| ストレッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月24日

内臓脂肪をダイエットで減らして病気を防ぐ

内臓脂肪が多い人は成人病など病気の原因になる可能性があるので、ダイエットを実践して内臓脂肪を減らす努力をしましょう。
あまり太っているように見えない人でも、実際は脂肪が多く筋肉が少ないというタイプは少なくありません。
ふくよかでも太り気味にも見えなくとも、ダイエットで内臓脂肪を減らすべきという人もいます。
ダイエットを成功させるためには筋肉がある方が良いため、スポーツや運動で筋肉を鍛えることは欠かせません。
皮下脂肪の場合、仮にたまっても、見た目が太っているだけです。
内臓脂肪がたまると、血行が悪くなり、血管など障害もおこりやすいので注意が必要になります。
健康の面からみると、内臓脂肪がたまっている人ほど、積極的にダイエットを行う必要があります。
糖尿病にかかりやすい人の中には、体重だけを見れば平均的でも、内臓脂肪が多い状態にある人が含まれています。
体内の内臓脂肪が多い状態だと、肝臓や血液中の脂肪量が多くなりやすいともいいます。
ダイエットで体内に蓄積されている内臓脂肪の代謝を促進することは、腹回りに脂肪が多い人ほど健康のためにしておきたいことです。
内臓脂肪は血液によって脂肪が運び込まれたり、運び出されたりするので、比較的付きやすく落ちやすいものです。
有酸素運動を中心としたダイエットで、内臓脂肪を減らして積極的におなか周りのサイズダウンを目指しましょう。

一日5分いびき撃退法 現役歯科医・整体師が伝授 その効果は!
睡眠時無呼吸症候群を克服 これで自然な睡眠に その体験談は!
話せる!頼れる中国語教材

posted by なっちゅ at 07:18| ストレッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。