2011年10月31日

肥満体重と健康

どのような点に注意をすることで、体重を標準状態にしつつ、肥満にならない体づくりができるでしょう。
重視すべき点は、使うカロリーと取り入れるカロリーの兼ね合いです。
体重管理の手段として、摂取するカロリー量を食べたものから計算しつつ、運動で使うカロリーの目安を確認することがあります。
しかし、机上の計算ではあっという間に体重が減るはずでも、なかなか減量がうまくいかないことがあります。
これは、どうして肥満になったかの考えずにやみくもなダイエットをしている可能性があります。
自分の体に合うダイエット方法を見つけることが大事です。
食べすぎによるカロリー摂取量が多い生活を送っていて肥満になった場合があります。
この場合、日々の食事のカロリーダウンをはかり、野菜や海草類を多めに摂取することで効果が出てきます。
末端が冷えやすい体質や、基礎代謝の低い体であることが理由な場合もあります。
水分や血液の循環を高め、代謝を向上させるサプリメントや食事を行うことによって、肥満対策をはかることができます。
お通じの改善や冷え性体質の対策が肥満の解消になるという人もいます。
個人差に合わせた体重の減らし方を把握することです。
寒い時節には、体はエネルギーを貯め込もうと代謝を下げて余剰カロリーを作ろうとします。
肥満の解消に生姜のような体を温かくするものを食べることは、体重管理にも効果的です。

手汗治療プログラム(SCM)1日わずか15分で効果を実感出る方法
たったの15分のプログラムを行うだけで翌日にはその効果を実際に実感できるようになっていて、これまで2000人以上の方が【手汗治療プログラム(SCM)】を使って手汗の悩みを解決しています。

posted by なっちゅ at 21:31| ストレッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月30日

肥満と体重

血中コレステロール値や内臓脂肪が多い人は、その背景に肥満体型や体重の多さなど、体型によるものが関わっているといいます。
肥満を解消するために、ダイエットにとり組む人は大勢いるようです。
一般に体重が増加し肥満体質になる要因は様々あります。
代表的なものが運動不足、加齢による基礎代謝率の低下、外食などの高カロリーの食事、不規則な食生活や生活習慣と考えられます。
ダイエットにとり組むことで、食事によるカロリー摂取量を減らしたり、積極的に身体を動かす生活をすることで肥満を解決し体重を減らそうという人がいます。
企業の健康診断などで、体重の増加や肥満度の進行を指摘され、高血圧や高血糖の対策のためにダイエットをすすめられたことが取組のきっかけになる方もいます。
また、年齢と共に代謝が低下し、使うカロリーが少なくなっていくことにも要注意です。
本来であれば代謝が滞れば食事の量も減らすべきですが、そういった取組がないと肥満になりやすいと言われています。
ダイエットは、女性がプロポーションを気にして行うという認識がありました。
近年では、ダイエットにとり組む人は年や男女に関係がなくなっています。
生活習慣病の危険性が高い人は成人ばかりではなく、この頃は子どもの肥満も社会的な問題になってきています。
和食離れやスナック菓子の増加、パン食や総菜を中心とした食事や生活リズムの乱れが、子どもの体重や肥満に関係しています。

銀座カラー 大宮で脱毛体験
最新脱毛法「IPL脱毛」だから、皮膚への刺激もほとんどなく、数分で処理完了(両ワキ)!肌へのダメージもないから、自宅でのケアも必要ありません!

posted by なっちゅ at 20:11| ストレッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月29日

簡単に減量した時の注意点

簡単に減量をするために食事の内容を見直すという人は多いようです。
食事を改善することで減量をするにはどうすればいいでしょう。
減量は、食べる量を減らすだけでもそこそこ達成することができます。
しかし、極端な食事制限はリバウンドの原因になってしまいます。
生命活動を脅かすほどの食事量の低下と体が判断すると、飢餓状態に対応する体を作ろうとします。
減量をするための手段は問わないなら、食べないでいることで簡単に体重は減っていきます。
ただし、急激な食事制限は停滞期を早いうちから招くことになります。
簡単な減量を希望する場合、短期間での減量を目標に掲げているケースが多いため、多くの場合は停滞期を減量のゴールとしてしまいがちです。
減量を成功裏に終わらせるには、停滞期の対応の仕方で決まります。
停滞期のさなかに減量を終了させ、ダイエット開始前の食事量に戻してしまうと、体は摂取したカロリーを余すところなく吸収して脂肪にしてしまいます。
減量前より体重が増えてしまうということになり、ダイエットのリバウンドがおこります。
ダイエットを短期で済ませる時は、リバウンドの可能性がつきものです。
短期間でダイエットをすることは、決して簡単な減量にはなりません。
また、停滞期に入ったからと減量を終了することはやめておきましょう。

ヤーマン オンリーミネラル
【大人気】つけたまま眠れるほど肌にやさしい<オンリーミネラル>
ナチュラルな仕上がりなのに、しっかりカバー

posted by なっちゅ at 17:54| ストレッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。